資格・就職

教員免許状更新

募集要項

1. 受講対象者

主な受講対象者は下記の通りです。

  1. 現職教員(指導改善研修中の者を除く)
  2. 実習助手・寄宿舎指導員・学校栄養職員・養護職員
  3. 教育長・指導主事・社会教育主事・その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
  4. 3.に準ずる者として免許管理者が定める者
  5. 教員採用内定者
  6. 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(又は非常勤)教員リストに登載されている者
  7. 過去に教員として勤務した経験のある者
  8. 認定こども園及び認可保育所で勤務する保育士
  9. 幼稚園と同一の設置者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士
  • ※自身が受講対象者に該当するかどうかについては、各自の責任において文部科学省のホームページ又は管轄する免許管理者(教育委員会)等でご確認下さい。

教員免許状更新講習規則の一部改正に伴う確認事項についてご確認頂き、お申込み下さい。

  1. 改正前(平成28年3月まで)の必修領域(12時間)の履修認定を受けた者は、改正後(平成28年4月から)の必修領域(6時間)及び選択必修領域(6時間)を改めて受講する必要はありません。但し、所定の期間内の履修認定に限ります。
    改正前の必修領域の履修認定を受けた者については、改正後の必修領域と選択必修領域の認定を受けた者とみなします。
  2. 改正前の選択領域の履修認定を受けた者は、改正後の選択領域のうち、同時間に限り改めて受講する必要はありません。但し、所定の期間内の履修認定に限ります。
    改正前の選択領域(6~18時間)の履修認定を受けた者については、改正後の選択領域(6~18時間)の履修認定を受けた者とみなします。
  3. 必修領域は免許状更新手続きにおいて、必修領域としてのみ使用できます。選択必修領域は免許状更新手続きにおいて、選択必修としてのみ使用できます。選択領域は免許状更新手続きにおいて、選択領域としてのみ使用できます。いずれも、他の領域への振替えはできません。

2. 申込方法と受付期間

申込書に必要事項をご記入の上、原本を本校までご郵送下さい。電話やFAX、メールによるお申込はご遠慮下さい。
開講時期により受付期間が異なりますのでご確認下さい。
申込受付は先着順とし、受付期間中であっても定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

詳細は受講の流れをご確認下さい。

3. 受講料

必修科目 1講習(6時間) 7,000円
選択必修科目 1講習(6時間) 7,000円
選択科目 1講習(6時間) 7,000円

上記は講習科目別の受講料です。修了のためには必修科目1講習(6時間)・選択必修科目1講習(6時間)・選択科目3講習(18時間)の受講が必要となりますので、合計35,000円となります。

4. 講習時間

講習は午前9時から始まりますので、それまでに受付を済ませて下さい。各講習に定められた時間数の受講が求められるため、遅刻・早退は原則認められませんので予めご注意下さい。
1限90分の講習を、1日4限まで行います。講習終了後にアンケート記入のご協力をお願いしています。

1限目 09:00~10:30
2限目 10:40~12:10
3限目 13:10~14:40
4限目 14:50~16:20

5. 講習中止について

天災や事故等により講習が中止になる場合があります。事前に中止が判明した場合は、本学のホームページにてお知らせしますので、各自でご確認下さい。

6. 受講キャンセルについて

自己都合により受講をキャンセルする場合は、本校へご連絡下さい。
受講料を納入後、受講をキャンセルする場合は手続き書類を送付しますので、必要事項をご記入の上、本校まで郵送して下さい。なお、この場合は下表の通りキャンセル料が発生します。

8月開講

連絡期限 返金額
2018年6月18日(月)
~2018年7月31日(火)
1日あたり受講料の50%(返金手数料1,000円を除く)
2018年8月1日(水)
~開講日
返金できません

12月開講

連絡期限 返金額
2018年10月15日(月)
~2018年11月30日(金)
1日あたり受講料の50%(返金手数料1,000円を除く)
2018年12月1日(土)
~開講日
返金できません

5月開講 ※終了しています

連絡期限 返金額
2018年4月1日(日)
~2018年4月27日(金)
1日あたり受講料の50%(返金手数料1,000円を除く)
2018年4月28日(土)
~開講日
返金できません

7. 校内利用について

  1. 貴重品の管理は各自でお願いします。
  2. 他の受講生への迷惑となる行為、講習の妨げとなるような行為があった場合、受講をお断りすることがあります。
  3. 施設及び講習における写真撮影・録音・録画等の行為は固くお断りします。
  4. ご飲食には受講教室・カフェテリアが利用できます。近隣の飲食店の利用も可能ですが、講習は時間厳守ですのでご注意下さい。
  5. 校内は全面禁煙です。
  6. 空調の温冷感には個人差がありますので、調整できる服装でお越し下さい。
  7. 受講の際の座席は指定となりますので、ご了承下さい。

8. 講習会場

草苑保育専門学校(豊島区目白3-17-11)
車での来校はご遠慮下さい。自転車をご利用の場合は、当日受付にお申し出下さい。

詳しくは アクセスマップをご覧下さい。

9. 合否結果及び証明書について

所定の時間数を受講し、講習内で実施される試験において合格した方に、修了又は履修証明書を発行します。証明書は講習終了後の翌月中旬を目途に発送する予定です。

10. 個人情報の取扱いについて

免許状更新講習で得た個人情報は、講習実施のためにのみ使用し、他の目的での使用や第三者へ提供することはありません。

受講の流れ

① 申込書・事前アンケートの送付(受講者→本校)
申込様式Ⅰ①に必要事項を記入し写真を貼付の上、申込様式Ⅰ②に受講対象者である証明を取得して下さい。
受付期間を確認し、申込様式Ⅰ①・②、申込様式Ⅱの3点を草苑保育専門学校に郵送します。
封筒に「教員免許状更新講習受講申込書在中」と朱書きして下さい。
提出書類
  1. 申込様式Ⅰ①教員免許状更新講習受講申込書【受講者本人記入様式】(PDF)
  2. 申込様式Ⅰ②教員免許状更新講習受講申込書【証明者記入様式】(PDF)
  3. 申込様式Ⅱ教員免許状更新講習 事前アンケート(PDF)
郵送先 〒171-0031 東京都豊島区目白3-17-11 草苑保育専門学校
② 仮登録通知書の送付(本校→受講者)
先着順にて受付し、受付が済んだ方から仮登録通知書を送付します。
お申込頂いた科目が定員のため受付終了となり、仮登録ができなかった場合はキャンセル待ちの案内を送付します。
受付開始直後は仮登録通知書の発送に数日を要しますので、予めご了承下さい。
③ 受講料の振込(受講者→本校)
仮登録通知書の内容と振込期限を確認し、所定の振込口座にお振込み下さい。
期限を過ぎても振込みの確認ができない場合、受講の意思がないとみなし、仮登録を取り消します。
④ 受講証の送付(本校→受講者)
入金確認が完了次第、本登録通知書を送付します。同封の受講証明書は本人確認に使用しますので、受講当日は必ずご持参下さい。受講証明書の記載内容に変更が生じた場合、紛失した場合は本校までご連絡下さい。
⑤ 講習の受講・試験(受講者)
受講の際は受講証明書に記載されている座席番号にて着席をお願いします。 受付は午前8時30分から開始します。受付前に会場へ入ることはできませんのでご了承下さい。
⑥ 証明書の発行(本校→受講者)
草苑保育専門学校から修了又は履修証明書を発行・送付します。
⑦ 更新手続き(受講者)
各都道府県教育委員会の申請手順により、各自で更新手続きを行います。 教育委員会での手続きを行わない限り、免許更新は完了しませんのでご注意下さい。

開講科目

開講日程

8月開講

開講日 開講科目 受付期間
18日(土)
※受付終了
【選択】
特別支援教育・保育
※お申込み多数のため、受付終了いたしました。ご了承ください。
19日(日)
※受付終了
【選択】
特別支援教育・保育における保護者対応と支援
20日(月)
※受付終了
【選択】
園芸
21日(火)
※受付終了
【必修】
幼児教育の最新事情
22日(水)
※受付終了
【選択必修】
教育政策と組織マネジメント

12月開講

開講日 開講科目 受付期間
22日(土) 【選択】
特別支援教育・保育
10月15日(月)
~11月30日(金)※
23日(日) 【選択】
特別支援教育・保育における保護者対応と支援
24日(月) 【必修】
幼児教育の最新事情
25日(火) 【選択】
園芸
26日(水) 【選択必修】
教育政策と組織マネジメント
  • ※ご予約に公平を期すため、受付期間以前に本校に届いた申請書については無効とさせていただき、書類を破棄させていただきます。また、郵送以外の方法による受付はお断り致します。

5月開講 ※終了しています

開講日 開講科目 受付期間
23日(水) 【必修】
幼児教育の最新事情
4月1日(日)
~4月27日(金)
24日(木) 【選択】
園芸
25日(金) 【選択必修】
教育政策と組織マネジメント
26日(土) 【選択】
特別支援教育・保育
27日(日) 【選択】
特別支援教育・保育における保護者対応と支援

講習科目の内容

必修幼児教育の最新事情
講師:前川洋子
国内外の教育政策の動向について理解する。教員に対する社会的要請を背景に子ども観、教育観など教育倫理を再省察する。近年の子どもの生活変化に伴い、多様化に応じた集団学級形成と担任の役割を理解し、子どもたちの実態に則した生徒指導及びキャリア教育について考察する。発達障害の脳科学、カウンセリングマインドを含む心理学の最新知見と子どもたちの関わり方について学ぶ。
選択必修教育政策と組織マネジメント
講師:前川洋子
学校を巡る近年の状況変化に伴い法令改正及び国の審議会の状況など教育政策の変遷と動向を理解する。保護者・地域社会との連携を軸に対人関係や日常のコミュニケーションの重要性、組織の一員としてのマネジメントマインドの形成など様々な問題に対する組織的対応と必要性と学内外の連携協力について理解する。
選択特別支援教育・保育
講師:橋場隆
近年、増加傾向にあると思われる発達障がいを中心とする、いわゆる発達的課題を持つ子どもたちへの教育および保育のあるべき方向性を探るべく、学習の機会を共有したいと考える。発達的特徴とそれぞれに合わせた指導・対処スキルを主たる内容とするものである。例えば、ASDやADHDの特性を抱える子どもたちに対して、その障がいゆえの認知的な特徴を踏まえた効果的な指導の方法、ならびに生活から学習の範囲における対応の工夫まで応用的な事例を取り入れながら提供したいと考える。
選択特別支援教育・保育における保護者対応と支援
講師:橋場隆
近年、増加傾向にあると思われる発達障がいを中心とする、いわゆる発達的課題を持つ子どもたちへの教育および保育を推進するにあたって、その保護者との対応は、ともすると微妙な難しさを余儀なくされることがある。日々の支援教育・保育において、保護者と担当者(教師・保育士、他)の足並みや信頼関係を構築していくために必要な視点や配慮点を取り上げ、今後の支援に役立つ内容として提供するものである。
選択園芸
講師:高浜真理子
環境問題が大きく取り上げられる中で、土にふれ、命の神秘に自ら向き合った経験がなければ自然を守る方法を考えていく事はできない。自然環境の理解を深める上でも身近な植物の果たす役割は大きく、また食べ物としての植物を生き物としてとらえる事で、育てる喜びを知る事は食に対する興味を深める為にも大事な事である。食物を栽培する上での基本を学び、園芸を通して自然を慈しむ心を育てていく為に、児童幼児向けの園芸を教える為の基礎的要素を身につける事を目標とする。

Q&A

Q1. 選択必修領域の施行前(平成28年4月1日)に、改正前の必修領域(12時間)を受講し認定を受けている場合も、新たに選択必修領域を履修する必要があるか。
A.必要ありません。改正後の必修領域及び選択必修領域について、認定を受けたとみなされます。また、改正前の選択領域を受講し認定を受けている場合も、改正後の選択領域について同時間の認定を受けたとみなします。
【改正前に受講した者の措置】
「必修」12時間受講→「必修」6時間+「選択必修」6時間
「選択」18時間受講→「選択」18時間
Q2. 申込書にある証明者記入欄に「証明書類の添付でも可」という記載があるが、採用内定通知書のコピーを添付しても良いか。
A.証明者記入欄の代わりに添付書類にて受講対象者である証明をする場合は、証明者記入欄にある内容(証明日・勤務先名・住所・証明者名・校印)と、受講者の在職が確認できることが必要です。在職証明書(コピー不可)の添付をお願い致します。
Q3. 学校に直接、申込書を持参してもよいか。
A.受講を希望される方には皆様、申込書のご郵送をお願いしております。ご面倒をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
Q4. 受講の際に必要な持ち物はあるか。
A.特別に用意して頂くものはありません。筆記用具やノート等、講習を受けるにあたり必要だと思うものは各自ご持参下さい。教科書を使用する講習はありません。必要に応じてプリントを配布します。長時間の講義ですので、各自温度調節ができる服装でお越し下さい。
Q5. 受講中、昼食を持参して教室で飲食することは可能か。
A.講習で使用する教室、カフェテリアでの飲食が可能です。受講中は、利用可能教室等の案内を掲示しますのでご確認下さい。
Q6. 予定が入ってしまったので、早めに帰りたい。
A.各開講科目に定められた時間数を受講しなければ認定されません。部分的な受講では認定がされませんのでご注意下さい。
Q7. 免許状更新講習が免除されるのは、どのような人か。
A.各開講科目に定められた時間数を受講しなければ認定されません。部分的な受講では認定がされませんのでご注意下さい。
Q8. 免許管理者はどこか。
A.現職教員の方は、勤務する学校が所在する各都道府県教育委員会が免許管理者となります。