よくあるご質問

よくあるご質問

学生生活について

1日の授業などのスケジュールを教えてください。

1時限目は、9時から授業(90分)が始まり、4時限目16時30分までで授業は終わります。選択科目履修によっては、5時限目18時10分までです。空き時間は、ピアノ練習や制作物の作成、課題など、自主学習をしている学生が多いです。ただ、曜日によっては、2時限目から授業が開始となることもあります。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

土曜日と日曜日、祝祭日は授業がありますか?

原則として、土曜日と日曜日、祝祭日は、授業はありませんが、必要に応じて土曜日と日曜日、祝祭日に、授業(補講)や就職指導、学校行事などを実施しています。

音楽(ピアノ)の授業(レッスン)方法はどのような方法ですか?

複数名の学生にピアノレッスンの先生が担当して個人レッスンをします。丁寧できめ細かな指導で、将来に役立つ、保育現場で力を発揮できる保育者の育成を目指します。

校内にあるピアノで練習できますか?

もちろんピアノ練習できます。授業の合間や授業前の朝、放課後など、ピアノ練習室や教室にあるピアノで、自由に練習できます。この積み重ねの練習でピアノ演奏の実力をつけていきます。

ピアノは未経験ですが、大丈夫ですか?ちょっと心配です。

ピアノ未経験でも入学には支障がありませんが、実習中や就職後はピアノを弾く機会が多数あります。ですから、在校生たちに聞くと、『入学前から「音楽の力・ピアノ演奏の力」をつける勉強を始めると良い』と言っています。そのために、本校では、入学手続き完了者には、入学前学習として、「ピアノ講座」を無料で開催しています。入学後、スムーズにピアノレッスンができるように準備を始めることができます。

いろいろと授業や学生生活などについて相談したいのですが?どうしたら良いですか?

安心してください。本校では、クラス担任制度を導入しています。クラス担任によって学生一人ひとりをきめ細かくサポートしています。そのため、学生と教員との距離が近く、他校にはない「アットホームな雰囲気」が魅力です。

実習先はどうやって決まるのですか?

実習のサポート体制は実習センターで行いますので安心してください。実習先は実習担当者が、実習協力園の中からリサーチして、通勤(実習)距離、実習先の保育理念等を考慮して、少しでも学生に適した園に配属します。こちらをご覧ください。

免許・資格は、卒業と同時に取得できますか?

本校は文部科学省・厚生労働省から指定されている認可校ですから、免許・資格はすべて卒業と同時に取得できます。また、専門学校の中には他の短大通信教育に入学(併修)して免許・資格取得する専門学校もありますので、よく調べて自分に合った専門学校に入学してください。

大学(短大)を卒業見込(卒業、中退)で入学を考えています。大学(短大)在学中、単位取得した科目について、同じ科目(同じシラバス)があった場合は、単位認定してくれますか?

大学・短大・専門学校で履修した科目が、本校の科目と同等であると認定された場合は、本校の科目履修の単位が認定されます。単位認定手続きとしては、入学決定後、単位取得した学校発行の「単位取得成績証明書」と「学力に関する証明書」を提出します。単位認定の決定は、入学後になります。

どのような奨学金制度が利用できますか?

奨学金には、給付(返済なし)と貸与(返済あり)があります。まず、奨学金の説明を聞く場合は、給付なのか、貸与なのかを確認してください。一般的な奨学金は、日本学生支援機構の奨学金(貸与)と東京都育英資金の奨学金(貸与)を希望することができます。毎年、本校入学後すぐに説明会が行われ、奨学金利用希望者を募ります。また、高校卒業見込の方は、高校3年生夏休み前に高校内で事前予約の奨学金申し込みがありますので、事前予約をした方が良いと思います。もっと詳しく知りたい方は こちらをご覧ください。

在学中、アルバイトできますか?

在学中のアルバイトは、学校の授業や課題などに影響のない範囲で可能です。入学後は、まず学校の授業等に慣れることを優先し、その後、時間的に余裕のある時間にアルバイトを考えると良いかもしれません。また、実習中のアルバイトは、禁止となります。

入学試験について

大学2年生ですが、入学できますか?

もちろん高校を卒業していますから入学できます。最近の本校志望者では、「現在大学(短大)に在学しているが、やっぱり小さい時の夢が忘れられない、夢をかなえたい」と言う、保育者になりたく入学(再進学)してくる大学生(短大生)が増加しています。 保育者になりたい熱意と意欲のある方なら大歓迎です。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

留学生ですが、受験できますか?

留学生は、私費留学生特別入試或いは一般入試で受験できます。学生募集要項の入学願書とは別に、専用の出願提出書類がありますので、本校に問い合わせしてください。<03-3953-4016>

本校が第一志望ですが、どの入学試験を受験した方がいいですか?

本校の入学試験の種類は、出願資格等が違う多彩な入試制度のため、高校時代等に何に力を入れたか、今何をしているかなど、自分に合った有利な入学試験を選択し、受験することをお勧めいたします。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

面接試験について教えてください。

面接試験は、受験生1名と面接官2名で20分~30分の個人面接です。もし、「面接試験が不安です」と言う受験生は入試説明会などで行われる「面接基礎講座」や「模擬面接」に参加しましょう。

欠席日数が多いので入学試験で不利になりますか?

本校では入学試験において不利になる具体的に欠席日数を定めていません。欠席には欠席理由が大事になります。家庭の事情や病気療養などはっきりした欠席理由については、保育者になる修学条件を考慮のうえ配慮します。以前は欠席が多かったが、保育者を目指した時から欠席・遅刻がなくなったと言う、今が大事です。将来の保育者を目指し、欠席・遅刻しないよう健康には充分留意してください。

作文試験について教えてください。

作文課題式で本校所定の原稿用紙に600字~800字で60分の作文試験です。過去の作文課題については、公表をしていませんが、「学校説明会」や「入試説明会」などの個別相談にてお聞きください。いろいろとアドバイスをいたします。

合否発表の方法を教えてください。

本校の合否発表は各自に郵送します。「学生募集要項」の合否通知発送日に投函しますので、自宅に到着する日は、翌日以降になります。直接の本校へのお問い合わせには一切お答えしていません。

入学手続完了後、やるべきこと

入学手続完了後、入学までにやるべきことがありますか?

やるべきことは、2つあります。
1つ目は、高校の授業を休まず、今までどおり規則正しい生活で、一生懸命勉強し国語力などの基礎学力をつけてください。このことは、本校へスムーズに入学できる秘訣です。
2つ目は、本校では、入学前に「ピアノレッスン講座」を開講し、ピアノ演奏の力(音楽力)をつけ、入学後のピアノ授業にスムーズに受講できよう入学前から音楽の力をつけていきます。楽譜が読める力をつけることも重要です。
残り少ない入学までの日を悔いのないよう過ごしてください。

就職について

就職活動はどうしたら良いのですか?

クラス担任や就職担当者が連携をはかり、一人ひとりの適性や希望に沿った就職支援を行っています。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

就職先はありますか?

伝統ある本校は実力ある先輩たちのお陰で、幼稚園・保育所・施設等から多数の求人票を頂いておりますので、安心してください。日頃の授業、実習などをしっかり勉強し、保育者への実力をつけることで就職先から「うちの園に来て欲しい」と声がかかります。声のかかる保育者としての実力をつけましょう。

就職状況を教えてください。

年度によって異なりますが、卒業生のほとんどが幼稚園教諭免許状や保育士資格、児童厚生2級指導員資格などの免許・資格を活かした就職を決めています。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

地元にある公立保育園(公立幼稚園)への就職を考えています。公務員に就職することは難しいですか?

確かに公立保育園(公立幼稚園)に就職するには、公務員試験に合格する必要がありますので簡単ではありません。そのために本校では、学生に評判の良い「公務員対策講座」を開講し、毎年合格者を多数輩出しています。

卒業数年(数十年)後について

草苑保育専門学校を卒業して、結婚・子育てが終わったので、再就職したいのですが?

草苑では、いつ卒業しても、再就職に向けてサポートをしていますので安心して相談してください。ただ、就職はタイミングが大事ですので、就職したいという気持ちを持ち続けてください。