学び

講師紹介

安田祥子 先生

安田 祥子 先生
保育総合教養(童謡)

声楽家。子供のころ、童謡歌手として活躍。その後、クラシックを学ぶべく東京芸術大学へ、‛66年オペラ「フィガロの結婚」のスザンナ役でデビュー。妹、由紀さおりと国内外で公演を重ね、童謡、唱歌などを通じ、日本語の美しさや日本人の心を広く伝えた活動が評価され、2013年7月に文部科学大臣表彰を受ける。

メッセージ
何でも観る時代になっている今、話したり聞いたり、想像することの大切さを、歌を通して伝えていきたいと思います。学生の皆さんには、沢山の歌を歌い、感じ、想像力を豊かにし、目の前のささやかなことにも心くばりができるようになってほしいです。

中野佐世子 先生

中野 佐世子 先生
保育総合教養(手話)

手話通訳士。人権教育・啓発講師。専攻は幼児教育(障害児保育)。1990年からNHK Eテレ「手話ニュース」のキャスターとなり、現在も出演中。著書「手話ソングブック1、2、3」「手話ゲームブック」2015年には「ハッピーコミュニケーションのすすめ」を出版。障害者や高齢者など多様な個性を持つ人たちを理解し、共に生きていくためのヒントをまとめた。

メッセージ
近年、保育園や幼稚園、小学校でもたくさんの「手話ソング」が歌われるようになりました。何故でしょう?モチロン楽しいからです!音楽や歌に「手話」という視覚言語が加わると、歌詞に込められた想いや感情が立体的になって、歌う人や見る人の心に届くからです。皆さんの手が一緒に歌いだすのを楽しみにしています。

藤田端子 先生

藤田 端子 先生

ひこばえ幼稚園で勤務後、玉成保育専門学校附属玉成幼稚園主任、園長を経験。キリスト教保育連盟役員を務め、10数年前から草苑で勤務。2017年度浄風幼稚園園長。

メッセージ
佐藤初江先生が柿の木坂幼稚園園長時代の卒園生です。三好浪江先生は保育科の大先輩です。お2人に導かれて、今、草苑にいます。保育の仕事はとても楽しく、価値のある仕事です。しかし本人の自覚が重要です。保育者になるためならどんな努力も惜しまない、心身ともに健康な人を待っています。

江川栄一 先生

江川 栄一 先生
日本国憲法教育社会学公務員対策講座

立教大学法学部卒、修士。専門は政治学。企業で20数年、販売・人事・採用・教育を経験し、日商販売士一級。2012年度より本校講師。授業の他に、公務員対策講座を担当する。日本聖公会阿佐ヶ谷聖ペテロ教会員。

メッセージ
現在、幼い命を預かる保育者に熱い視線が注がれています。本校では、保育者に必要な知識と技術を身に付けられるよう、講師陣が全力を挙げて応援します。更に公務員対策講座は、あなたの夢を実現する力となります。皆さんと勉強する日を楽しみにしています。

竹原有基 先生

竹原 有基 先生
日本国憲法教育社会学公務員対策講座

教務部長。中央大学法学部法律学科卒。編集プロダクション、出版社での編集者生活を経て、2014年入職。

メッセージ
子ども一人ひとりをかけがえのない存在として大切にする「個人の尊重」という考え 方は、日本国憲法の礎でもあります。保育者にとって日本国憲法を学ぶ意義とはどんなところにあるのか、一緒に考えていきましょう。

井口恵子 先生

井口 恵子 先生
体育(理論・実技)

日本体育大学体育学部社会体育学科卒業。卒業後、ブラジルで1年間、体育・レクリエーションの実習研修にあたる。帰国後、1986年から(公財)児童手当協会こどもの城にて、乳幼児~大人まで、主任指導員として体育・水泳・運動遊びを指導(2015年同館閉館まで29年間)。その後はフリーで同指導・指導者養成・講習会などに従事。

メッセージ
子どもは体を動かすことが大好きです。その子ども達を楽しく、また健康に育てる為には、まず保育者がそれを実践してみせる事が大切です。体を動かす事の楽しさ、目標に向かって努力した後の達成感を体験し積み重ね、現場への第一歩にしてください。

森志保子 先生

森 志保子 先生
情報処理

キヤノンマーケティングジャパン㈱インストラクターを経て、マイクロソフト認定トレーナー資格取得。専門学校・委託職業訓練等でパソコン演習指導に従事。2013年より本校情報処理演習非常勤講師。

メッセージ
「情報処理」=「難しそう」というイメージを持つ方もいらっしゃるでしょうか?本校の「情報処理」授業は、実際に保育園で配布されている「えんだより」を参考にしながら、保育現場で活かせる応用力を身につける実践的な授業を行います。可愛くて読みやすいおたよりが作成できるようになる頃には、パソコン操作にもきっと自信が持てるようになっていますよ。

貴田直樹 先生

貴田 直樹 先生
キリスト教概論

牧師・キリスト教概論担当。関西学院大学神学部・同大文学部総合心理科学科臨床教育学専修卒業、同大神学研究科修了、神学修士・宗教法人日本基督教団境南教会牧師。

メッセージ
キリスト教概論では聖書という古い時代に生きた先人たちの知恵から学んでいきます。人間とは、いのちとは、生きるとは、そんな根本的な疑問に聖書と言う切り口をもって迫っていきます。保育を志すにあたって「人間」というものについてちょっと立ち止まって一緒に考えてみませんか。

鯛谷和代 先生

鯛谷 和代 先生
保育原理保育者論

神戸女子短期大学初等教育学科助手、埼玉県私立花の木幼稚園園長、山村学園短期大学非常勤講師、全埼玉私立幼稚園幼児教育センター専門相談員等を経て、秋草学園短期大学、草苑保育専門学校非常勤講師。現在に至る。

メッセージ
保育とは、教育とは何かを分かり易い言葉で対話しながら理解できるように進めていきます。想像より楽しい授業になると思います。なぜなら、子どもを見る目が変わります。と言うことは、あなたが変わるからです。

小玉 絹江 先生

小玉 絹江 先生
子ども家庭福祉子ども家庭支援論児童館の機能と運営児童館放課後クラブの活動内容と指導法Ⅰ保育実習指導Ⅲ公務員試験対策講座

児童福祉を専門とした福祉職として豊島区役所に勤務。現在も豊島区において放課後児童クラブ所長として従事。主に児童館・放課後児童クラブに従事したほか、就学時相談・青少年健全育成事局。児童館保育園職員研修・高齢者施設・子ども女性相談などを経験。

メッセージ
私の好きなことばにアフリカの古いことわざで「ひとりの子どもを育てるには村中みんなの力が必要」というものがあります。現代の子育ては核家族が一般化し、地域のつながりが薄れ、特に母親一人に大きな負担や責任がかかりがちと言われています。だからこそ新たな子育ての支え合いのつながりを作る場や、子育てのパートナーとなる児童館・放課後児童クラブの存在を一緒に考えてみませんか・・・。

堀江 久子 先生

堀江 久子 先生
社会福祉

日本女子大学教育学科卒業、学士。社会福祉士資格取得。都立施設で指導員、医療ソーシャルワーカー、地域療育支援室室長、医療型児童発達センター等のサービス管理責任者として勤務。

メッセージ
子どもの人権を守り、保護者を支援するために、社会福祉の知識は重要です。社会福祉の問題について一緒に考えましょう。

影山幸子 先生

影山 幸子 先生
地域福祉 公務員対策講座

明治大学卒業。社会福祉士資格取得。豊島区福祉職職員として30年以上勤務。平成30年3月に再任用職を退職するまでの13年間は、地域区民ひろば所長として、運営協議会の立ち上げや区民ひろばのNPO法人化に関わってきた。

メッセージ
「地域福祉」で学ぶ、住民主体のまちづくりについて、区民との関わり方や、社会資源の活用、地域課題の解決のための支援方法について、経験から学んだことを伝えていきます。

長田美穂 先生

長田 美穂 先生
子ども家庭支援の心理学保育・教育相談の基礎と方法

博士(学術)の学位を心理学の論文で授与されています。また、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、発達相談等に従事しながら、主に心理学の内容の講義を非常勤講師として受け持ってきました。公認心理師、精神保健福祉士、保育士の国家資格を持っています。

メッセージ
カウンセラー、ソーシャルワーカーの仕事を中学、高校で行っていますが、問題を抱えた子どもたちともっと早く会えていたら、と思うこともしばしばあります。子どもの早い段階でのあたたかい先生との出会いはきっと子どもの人生を豊かにできると思っています。そんな保育者になって欲しいと思っています。

島野僚子 先生

島野 僚子 先生
子どもの食と栄養

女子栄養大学大学院修了〈栄養学修士〉病院・高齢者施設の管理栄養士(15年)、栄養士養成校の専任教員〈専門分野:臨床栄養学〉 (8年)の実務経験の他、地域での子供向けの食育活動多数。現在は、地域住民の健康を食で支える事業を展開する企業の役員として奮闘中。

メッセージ
心身の健康に大きく影響する「食」。さまざまな食育活動を通して、食の面白さ、食べることの楽しさを伝え、子どもたちの食生活への興味・関心を広げていくことが求められています。まずは、皆さん自身が「食に興味を持つこと」が大切です。一緒に楽しく学んでいきましょう!!

宮木弘子 先生

宮木 弘子 先生
子どもの食と栄養

女子栄養大学大学院(保健学)修了。保育園給食室で実務経験を積み、管理栄養士取得。現在は保育園給食室の運営・献立作成・執筆など行っている。

メッセージ
保育園はミルクを飲む赤ちゃんから、離乳食を経て幼児食を食べる子どもまで大きな成長がみられる場所です。「食べることが大好きな子ども」に育ってくれるにはどうしたらいいか。一緒に学び子どもの食を支えていきましょう。

阿江美知代 先生

阿江 美知代 先生
保育内容指導法 健康保育・教職実践演習

草苑保育専門学校卒、東洋英和女学院大学院国際協力研究科国際協力専攻修士課程修了 社会科学修士取得、幼稚園免許1種免許、保育士免許取得 幼稚園勤務18年 (うち主任4年)

メッセージ
保育者としての専門性を身に付ける2年間の学びになります。その学びのなかで友人をはじめまわりの人と協力し合うこと、自分の意見を言うこと、ポジティブに物事を考えていく習慣を是非身につけていってください。2年後、人としても魅力ある保育者になっていきましょう!

氏家博子 先生

氏家 博子 先生
保育内容指導法 人間関係保育内容指導法 言葉子どもの人間関係公務員対策講座

東京福祉大学大学院児童学研究科修了。児童学修士。幼稚園専修免許。専門は児童福祉保育関係。公務員として幼稚園、児童館(館長)30数年勤務。保育士面接・小論文試験添削を経験。

メッセージ
最大の保育環境は、保育者自身である。子ども一人ひとりの良いところを見つけてのばす保育者に。保育の知識、技術を身につけると共に保育者としての心をみがき、共に成長していきたいと思います。

森脇環帆  先生

森脇 環帆 先生
保育内容指導法 表現子どもの造形表現

明治大学大学院新領域創造専攻博士課程修了 博士(学術)。筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。女子美術大学絵画科洋画専攻卒業。2001 年よりアートプロジェクト作品を国内外で多数発表。(一社)子ども安全まちづくりパートナーズ理事、向島学会理事。明治大学理工学部まちづくり研究所客員研究員。

メッセージ
造形が苦手な人もそうでない人も、造形表現を楽しむことから始めましょう。楽しみの向こう側には沢山の学びがあります。そして子ども達に造形表現の楽しさ素晴らしさを伝えられる先生になってほしいと思います。

神崎由布子 先生

神崎 由布子 先生
子どもの音楽表現音楽Ⅰ・Ⅱ

武蔵野音楽大学音楽教育学科声楽専攻卒業。卒業後音楽教室ピアノ講師を経て舞台芸術や、全国で幼児及び指導者のためのWS、舞台創作を続ける。

メッセージ
ピアノ、弾き歌い、合奏など保育現場で生かせる音楽表現を学び、子どもたちに表現する喜びや楽しさを伝えられる保育者を目指しましょう。

田中麻夜 先生

田中 麻夜 先生
子どもの身体表現

武蔵野音楽大学大学院修了。モーツァルテウム・オルフ研究所にてオルフについて学ぶ。武蔵野音楽大学附属音楽教室講師、清和幼稚園、富田幼稚園、武蔵野音楽大学付属幼稚園などでのオルフ指導を経て、現在主に都内の保育園などで表現指導・ワークショップ・研修会などにあたる。近年わらべうたについての学びにも取り組んでいる。

メッセージ
子どもたちと過ごすことは笑顔あふれる素敵な時間です。身体表現ではまずは楽しいと感じる経験をたくさん積んでいきましょう。子どもたちの表現に共感し寄り添える先生になってほしいと思っています。

浅井忍 先生

浅井 忍 先生
子どもの言葉保育方法・技術演習Ⅰ・Ⅱ

東洋英和女学院大学大学院(人間科学研究科)修了。幼稚園教諭専修免許所持。幼稚園教諭12年・保育士4年の経験を経て、現場と関わりながら保育の技術を伝えている。3人の育児と絵本研究に奮闘中。絵本学会、保育学会、共創学会、日本唱歌童謡教育学会会員。

メッセージ
子どもたちは遊んでくれる先生が大好きです。笑顔と元気で向き合えば、子どもたちは必ずこたえてくれます。2年間で資格が取れる強みを活かして、現場に出ませんか。

横山正美 先生

横山 正美 先生
乳児保育Ⅰ・Ⅱ保育実習指導Ⅱ

保育園に15年勤務、そのうち13年間は主任保育士として、職員育成と保護者の相談業務に従事。2児の子育て中。

メッセージ
乳児保育は、赤ちゃんの成長に寄り添う中で、たくさんの「初めて」に出会う感動を体験できる、素晴らしい仕事です。「確かな知識とあたたかな関わり」を実践的な学びで磨いていきましょう。

橋場隆 先生

橋場 隆先生
特別支援保育Ⅰ・Ⅱ

筑波大学大学院修了。専門は知能・情緒障がいリハビリテーション。臨床心理士スーパーバイザー。筑波大学「心理・発達」教育相談室をはじめとして、長年多くの障がい児施設や保育施設、教育委員会などで発達心理相談に携わる。近著に「発達障がいの幼児へのかかわり」(2014.小学館)、総合保育誌「新 幼児と保育」(小学館)にて『ハッシー先生の発達障がい支援保育』を連載。現在、新刊を執筆中。

メッセージ
障がい児保育は発達を支援する保育といえます。障がいのある子どもたちを理解し保育してゆくために、その考え方や方法を学んでいきましょう。日々の保育空間での営みが、子どもたちの成長と発達を支えているのです。

後藤ゆかり 先生

後藤 ゆかり 先生
音楽Ⅰ

武蔵野音楽大学音楽教育学科ピアノ科卒業。2004年より本校音楽表現講師。音楽教育学会会員、日本保育学会会員。「ペスタロッチ教育学によるネーゲリの音楽教育」研究。子どもの歌の研究に従事。

メッセージ
ピアノ・歌唱・合唱・合奏などの音楽活動を通して、音楽の楽しさや表現することを学び、感性を養います。そして、子どもたちに歌や楽器等で、音楽による楽しさや素晴らしさを体験させてあげられる保育者になってほしいですね。

織井朝子 先生

織井 朝子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ音楽表現Ⅱ

武蔵野音楽大学教育学科(ピアノ科専攻)卒業。その後、リトミック音楽研究所にて、3年間の研鑽を積み、本校においてピアノの指導及び合奏の指導に従事している。

メッセージ
幼児期に覚えた歌は、大人になっても忘れない一生の宝になります。たくさんの歌をきれいな伴奏で弾けるようになりましょう。

覺前亜希子 先生

覺前 亜希子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ

洗足学園音楽大学卒業。2003年より本校にて非常勤講師。ピアノ教室主宰。音楽教室ピアノ講師、大学こども教育学部にて非常勤講師、全国保育士試験委員(2012~2016年)を経験。

メッセージ
音楽の基礎から学び、実習に役立つ弾き歌いのレパートリーを増やします。授業や試験を通して、人前で演奏することに慣れるので安心してください。歌や合奏の楽しさや喜びを伝えられる保育者を目指しましょう。

笠原青子 先生

笠原 青子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ

国立音楽大学ピアノ科卒業。合唱団のピアノ伴奏や音楽教室の講師を経て現在は草苑の他、リトミック教室でのピアノ伴奏、幼稚園で音楽授業を受け持つ。

メッセージ
ピアノはこつこつ練習すれば年齢問わずどんな人でも必ず弾けるようになります。基礎ができれば色々な曲が弾けるようになって楽しくなります。最初は面倒に思うかもしれませんがひとつずつ克服していきましょう。私たちも出来る限りお手伝いをしたいと思います。

加藤香代子 先生

加藤 香代子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ

国立音楽大学教育音楽学科卒業。音楽教室にて幼児のグループレッスン、ピアノ個人レッスン講師ほか、声楽の伴奏等を行う。

メッセージ
音楽を通し、たくさんの「楽しい」を共有しましょう。楽器の習得には日々の練習が不可欠ですが、仲間と一緒に学ぶ先に、より豊かな未来が広がるよう願っています。

小峰純子 先生

小峰 純子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ

国立音楽大学教育音楽学科(リトミック専攻)卒業。都内等の教室でリトミックやピアノの講師を経て、声楽や合唱の伴奏活動も行う。

メッセージ
ピアノの経験に関わらず、音楽を心から楽しみ、表現できるように、丁寧なレッスンを心掛けています。

鳥居留美子 先生

鳥居 留美子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、長年にわたり幼児教育者・初等教育者育成のためのピアノ実技指導に携わっている。ムジカ・コミュニタス主宰。日本ピアノ教育連盟会員。フォーラム・ポーランド会員。

メッセージ
「ピアノ実技の基礎」や「子どもの弾き歌い」をとおして、保育の現場で生かせる実践力を養います。ピアノ初心者でも、日々の練習の積み重ねにより将来の仕事への夢を実現させましょう。

三橋淑子 先生

三橋 淑子 先生
音楽Ⅰ・Ⅱ音楽表現Ⅱ

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、音楽教室で3歳児のピアノ導入指導から小学生、中学生の個人レッスン、大人は初心者から音楽大学受験者の個人指導に携わる。

メッセージ
男女の子育ての経験も活かし、一人ひとりのピアノ技術の得意不得意を見出し、毎回の授業で少しでも上達できるように学生を導きます。「草苑の学生が難なく練習に取り組めるように」ということを大切に個人指導をしております。一曲でも多く素敵な歌や音楽を表現できるように頑張りましょう。

安達麻衣子 先生

安達 麻衣子 先生
保育実習Ⅰ・Ⅱ保育実習指導Ⅰ・Ⅱ

保育所で14年勤務後、現職。

メッセージ
子どものいる空間はとても楽しくて、素敵です。そして保育者は子どもの成長を側で支えることの出来るとてもやりがいのある仕事です。草苑での学びを通して、子どもの成長を支え、子どもの思いに心寄せることの出来る保育者を仲間とともに目指しましょう。

田口美登里 先生

田口 美登里 先生
保育実習指導Ⅰ保育実習指導Ⅲ

保育士、児童指導員、精神保健福祉士として障がい児・者の施設で勤務、地域の小児科や保健所での発達障がい児の相談業務、区立児童発達支援センター(センター長)として勤務。東京都サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者の講師。2022年より本校講師

メッセージ
保育士が社会で必要とされ活躍している場所は保育所だけではありません。児童発達支援事業や養護系の施設、障害者の施設、近年は訪問保育など様々な分野に及びます。将来を見据えて実践力を磨いていきましょう。

大宮洋子 先生

大宮 洋子 先生
保育・教職実践演習キリスト教保育

要町幼稚園、長島幼稚園、原宿幼稚園、社会福祉法人ベテスダ奉仕女母の家 茂呂塾保育園勤務。茂呂塾保育園で主任、園長を務める。キュックリッヒ財団評議員、キリスト教保育連盟 関東部会副部会長、キリスト教視聴覚センター(AVⅭO)紙芝居委員、     社会福祉法人ベテスダ奉仕女母の家 理事 副理事長、キリスト教保育連盟 常任理事 副理事長。著作・執筆「キリスト教保育誌」1986年~2008年 カリキュラム・実践とともに・月のこころ・保育実践報告等、「キリスト教保育ハンドブック」、「キリスト教保育50の質問」、「もろじゅくごはん」レシピ開発。

メッセージ
今を生き、未来に生きる子どもから学び保育を深めましょう。

高浜 真理子 先生

高浜 真理子 先生
園芸Ⅰ

恵泉女学園短期大学で園芸を学び、都内で農業体験塾の専属講師を勤め、野菜作りに精通している。ハーブ教室「生活のスパイス」主宰。ハーブの栽培や活用法を学び園芸の楽しさを伝える内容が人気。学校等での講師を務めるほか、園芸の楽しさを、広く伝えるためグリーンアドバイザーとして雑誌やテレビなど、多方面で活躍。

メッセージ
都会の中で緑に恵まれた環境を活かして授業をします。自然から学ぶ多くのことは、心を豊かにし、人間形成に役立ちます。野菜や花を育てる体験を通して保育に活かせる園芸を学びます。収穫物を利用したクラフト作りや調理実習があります。

祐成かおり 先生

祐成 かおり 先生
教育実習演習(事前事後指導)

羽陽学園短期大学幼児教育科卒業。同附属幼稚園、保育園にて14年間保育に従事。山形県教育委員会中高校生ボランティア養成講座「幼児の遊び」を18年間担当。実習生指導、若手保育者育成の経験を積む。「心身共に健康で明るく豊かな保育者を増やすこと」がモットー。2014年より本校へ。実習センター、草苑幼稚園幹事。

メッセージ
保育って楽しいんです。新しい感動に出会う毎日です。草苑でキラッと光るあなたの可能性を引き出し、現場で活躍できる確かな実力と子どもたちの小さな喜びに寄り添える豊かな感性を一緒に磨いていきましょう。

小川洋二 牧師

小川 洋二 牧師
礼拝

メッセージ
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」とイエス様はおっしゃいました。学びの中で、疲れを覚えることもあるでしょう。だからこそ、毎日の礼拝は心を静めて整える、大切なひとときです。みなさんにお会いするのを楽しみにしています。

西之園 路子  牧師

西之園 路子 牧師
礼拝

木村 誠甫 牧師

木村 誠甫 牧師
礼拝